金運

金運アップする正しい財布の処分方法!神社に捨てるのは金運を捨てるようなもの?

[talk name=”福の神”] お財布はお金を運び、お金を貯める大切なツール。お金に最も縁のある道具です。

よってお財布の扱い方によって、お金を増やすこともできますし、逆にお金を減らしてしまうことにもなります。では、お金に好かれるような、財布の処分の方法とは、どのようなものでしょうか。
[/talk]

財布を処分する前にまず確認しよう

お財布はいつ捨てるのがいいのでしょうか?

財布の場合、必ずしも古いからダメだというわけでもないし、新しいからいいというわけでもありません。

大切なのは、あなたの「気」が財布にあるか、です。

「新しい財布が欲しくなった」「財布が古いから買い替えたい」と思ったときは、あなたの気が財布から離れ始めているときです。

逆にあなたの気が財布にあるときは、財布が古くても、愛着が財布に残っているはずです。

財布にあなたの気が宿っていて、あなたと一体になっていれば、財布がお金を引き寄せます。

もしあなたの気が財布から離れれば、財布とあなたは別々になるために、財布もお金を引き寄せなくなります。

あなたの気が財布から離れたときが、財布の新調するときであり、古い財布を処分するときでもあります。

財布を処分するために神社に持っていくな!

多くの人は財布を処分する際に、思い浮かべるのが神社でしょう。というのも、お守りや御札などを処分するときも、神社に持っていき、お焚きあげなどをしてもらうからです。

しかし、財布に限っては、神社に持っていくことをおすすめしません。

神社におけるお守りなどの処分は、お焚きあげという方法で行われます。

早い話が燃やすわけです。

それを風水学的観点から見ると、お金をあつかう財布にとって、金運を下げる最悪の処分方法なのです。

お財布の処分のために、神社に持っていくのはやめましょう。

財布の処分は水の多い場所で行えば金が増える

風水の考え方の基本に陰陽五行説というものがありますが、これは自然界のあらゆるものが「木、火、土、金、水」の五行に分けられ、また陰と陽という相反する性質で成り立っていることを示します。

これらの組み合わせによって、お互いが活かし合って運気が上がったり、対立しあって運気が下がったりします。「火・土・金・水・木」の並びで、隣のものを作る・助けるという関係にあります。

表を見てもわかるように、金と相性のいいのは水です。

よってこの通りにすれば、巡り巡って再び金を生むことになる=金運アップ というわけです。

よって、金運があがる財布の処理方法とは、水辺での処分です。よく行われるのが次のような捨て方です。

  • 海や川の近くのゴミ箱に捨てる
  • 雨の日に捨てる。
  • 川に流す

です。ここで注意したいのが、水辺と聞いて、海を思い浮かべるかもしれません。しかし、海は風水学的には、意外と火の気も多く、また海水には塩も含まれているので、できれば真水が絶えず流れる川に流すのがいいとされています。

循環する水は財を生む。

古い財布を川に流してより多くのお金を呼び寄せましょう。

 

方角的には北西と西、北と東北

雨の日に捨てるにしろ、川に流すにしろ、方角も重要です。

風水では「西で呼び込み、北で貯める」と言われているため、お財布を処分する際は、北西の方角において処分をすると次の金運アップにつながります。

「金運 北西」の画像検索結果

 

感謝の念を伝えるために塩をふりかけ熨斗で巻く

日本では古来から、物には魂が宿るとされる九十九神の信仰があります。もちろん常にアタの身近にあって、大切なお金を出し入れしていた財布にも、あなたの金運を司っていた神様が宿っていたことでしょう。

そうした神を粗末にすれば、あなたには福の神から見捨てられることになります。お金を呼び込む神様から好かれるためにも、古い財布を処分する際は、その財布に宿っていた魂、神様に感謝の念を伝えましょう。

まずは、お塩をふりかけて、お財布を清めます。塩のお清めの効果は絶大です。

それが済んだら、お財布熨斗に包んであげます。

お財布を供養するための熨斗を無料でダウンロードできるようにしたので、ぜひご利用ください。

 

ふせんさん

学生時代からふせんが大好きで、なにか役に立ちそうなこと、気になることをみつけたらふせんをペタペタはっていたふせんマニアです。教科書や辞書や参考書はふせんだらけでした。思わずふせんを貼りたくなるような役立つ情報をみつけたら、みなさんが、おもわずふせんを貼りたくなるように紹介します。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close