パーキング

東北道で寄り道すべきPAである羽生パーキング上りの江戸家屋は芸術品級

SAは行くけどPAは行かない?羽生PAは別格

ある程度、高速道路を走り慣れた人だと、PAはあまり利用しなかったりしますよね。
なぜなら、PAはガソリンスタンドがなかったり、SAよりも規模が小さかったり。

どうせ休むなら、PAよりもSA、なんて決めている人も多いかと思います。

私もそうでした。

だから、この羽生PAには寄るつもりなかったんです。

でも、眠さに勝てず、とにかく休憩したいと、何の期待もせずに入った羽生パーキングでした。

いや、もう、本当に度肝を抜かれました。。。

東北道で寄り道すべきPA
時代劇のセットではありません。羽生パーキングエリアです。

江戸村に車で乗り入れる贅沢な異空間

まずなによりも、面白いのが、車を横付けしたすぐその場所が、すでに江戸の町になっているというところです。

障害者の駐車スペースに至っては、江戸村の建物内に駐車するようになっているのです。

こんな素晴らしい場所に、車で乗り入れしちゃうんの!?という違和感と驚きが、

感動となってあなたを襲いますw

なんか、もう、すごく興奮しますね。

で、車から降りて建物に近寄るじゃないですか、

その建物も、すごく良く出来ているんです。

なにが良く出来ているかというと、きちんと古いんですが、それでいて、ちゃんと新しいんです。

つまり、建物自体は新しいんですが、古い特殊メイクが施されているんですね。

しかも、すごい上手に。

看板とかの古ぼけ具合は、もう、芸術品を見ているかのようです。

この建物を作るにあたって、かなりの時代考証、研究を念入りにしたそうで、

建物の古ぼかせ具合も、日があたっているところと日が当たらないところの

木の板の痛み具合も、塗装で表現したというのですから、もう、本気具合が伝わってきますね。

新しいのに古くみせる、これが最新技術か、と感心させられます。

もうみんな、嬉しくなって、そこらじゅうで建物バックに写真を撮ってます。

■パーキングエリアの次元を超えたグルメを食べることができる

外環は古いけど、どうせ中は普通のPAでしょ、と高をくくっていたのですが、
中のレストランも一切手抜きなしで、またびっくりしました。

出店しているのが、老舗の超有名店ばかりなんです。

個人的に驚いたのは、くず餅で有名な船橋屋まで出店していたことです。

japculture_20140727_0242

よく有名老舗店がパーキングエリアやサービスエリア内に出店するのは、

珍しいことではないかもしれませんが、

ここが面白いのは、そういった老舗店の本家、本店よりも、

もっと歴史感を醸し出しているところなんです。

むしろ、この羽生パーキングのお店を本店としたほうがいいのではないですか?

といいたくなるほど、実に素晴らしい内装の仕上がり具合なんですね。

正直、レストランはPAとしたらちょっとお値段高めの設定ではあるのですが、

でも、老舗の有名店の料理としては、実に破格のお値段です。。

しかも、店内の内装も、江戸時代風の内装でありながらも、清潔感があって、

ちゃんと最新設備が内蔵されているんですね。

 

■ついついあれこれ買いたくなる憎たらしいお土産屋

さらに、おみやげを買うところも、江戸時代のお店か市場に迷い込んだか?

とおもってしまうような作りであり、また商品であります。

パーキングに面した所には、団子屋があって、中に入ると、和菓子屋さん、そしておみやげ屋さん。

おみやげのひとつひとつも、この羽生パーキングでしか売っていないような、

江戸時代風のおみやげ、小判型クッキーとか、江戸情緒ある乾物とかを、

竹編みかごの上に並べたり、半紙に墨守で筆書きされたメニューが垂れ下がっていたり。

ただ困るのは、あまりにも、素敵な売り場なので、ついついいろいろと買いたくなってしまうことです。。w

ついつい欲しくなるおみやげに、思わぬ出費を覚悟してくださいねw

東北道で寄り道すべきPAだからついでに寄ることができる

またここが素敵なのは、あくまでもパーキングエリアであるということをわきまえている点です。

ここにあるのは、あくまで、食事するところと、おみやげを買う所、そして用を足す所。

不自然なアトラクションとかは、一切ありません。

ここを目的地にしてしまうと、あまりにもあっさりしすぎてて

なんか、物足りさを感じてしまいかねないので、あくまでもさっと寄って、ちょっと休憩して、ささっと出発する、

そんな形で利用するのが正解だと思います。

なんとも潔いパーキングです。

japculture_20140727_0230

もしお出かけのコースに東北道が入っているのなら、絶対に寄るべきスポットです!!

羽生パーキング上り 鬼平江戸処 公式HP

ふせんさん

学生時代からふせんが大好きで、なにか役に立ちそうなこと、気になることをみつけたらふせんをペタペタはっていたふせんマニアです。教科書や辞書や参考書はふせんだらけでした。思わずふせんを貼りたくなるような役立つ情報をみつけたら、みなさんが、おもわずふせんを貼りたくなるように紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close