未分類

お金の貯まる財布の選び方で金運をグングンよくしてお金持ちになろう

[talk name=”福の神”]

金運は財布で変えることができる!

お金の貯まる財布の選び方をしていますか?お財布を買うとき、高そうなブランドだからとか、デザインがいいからとか、バーゲンしていたからとか、いろいろな選び方があると思います。

しかし財布は毎日使うものですから、せっかくなら金運をあげる財布を選んで、どんどん金運を呼び込みいましょう[/talk]

二つ折りよりも長財布を選ぶ

財布を選ぶ際に、まず初めに決めなければならないことは、二つ折り財布にするか、長財布にするかということです。そして金運を呼び込みたいのであれば、選択肢は一つしかありません。長財布です。

お金を持っている社長さんのほとんどは、長財布を持っています。学生や平社員のほとんどは二つ折り財布です。

なぜか?

金持ちの社長たちは、金運を呼び込むことを意識して長財布を使っている人ばかりではないとは思いますが、長い財布が金運を呼び込むことを経験から自然に分かっているのでしょう。

長い財布が金運を呼び込む理由としては、お札を折り曲げずにまっすぐびしっと入れることができるので、お金が自分の財布の元で、気持ちよく滞在してもらえるという意味があります。

財布を使う方にしてみれば、二つ折り財布の方が、小さいポケットにも入れることができて便利に使えるかもしれませんが、財布の中に入るお金の気持ちになって考えてみると、二つ折りの財布の中に入れられるのは窮屈そうで嫌な感じになります。できれば、長財布の中に気持ちよく入っていたいと思います。

お金の気持ちになるというのは、人によってはバカバカしいと思うかもしれません。しかし金運とは一見すると姿形がないものと思われがちですが、金運を呼び込む人というのは、金運というものをはっきり意識しているからこそ、呼び込めるのであり、そしてお金持ちになっていきます。

よって、お金の立場になれば、金運を呼び込むのに長財布が優れているということがわかっていただけたこととおもいます。

お金の貯まる財布の選び方で金運をアップさせよう未分類

財布の材質は?

財布の材質は蛇皮が最高とされていて、次は牛革です。

蛇は、「巳(実)入りが良い」とか、「お金が身につく」=「巳につく」とかけて考えられていることもありますが、蛇のなかでも特に白蛇は、お金の神様である財弁天の化身として昔から信仰されています。

お金の神様の化身の財布となれば、これはもう、金運アップは約束されたようなものです。

しかしながら蛇皮の財布は、なかなか売っていなかったり、売っていたとしてもデザインもあまり豊富ではありません。

そこで蛇皮の次によく選ばれているのが、牛革財布です。

牛は牛は豊かさの象徴とされ、これもやはり金運を呼び込むのに、相性のいい財布の材質になります。

お金の貯まる財布の選び方で金運をアップさせよう未分類 1

財布の色は今のあなたの状態に応じて選ぼう

お財布は色によってもいろいろな意味合いが変わってきます。金色が一番いいとは言われていますが、あなたの現在の状況によっては、違う色の方が、より確実に堅実に金運を高めることができることもあります。

あなたの好みや販売されている財布の状況もあるでしょうから、財布の色に込められた意味合いを知ったうえで、最適な色の財布を購入しましょう。

お金の貯まる財布の選び方で金運をアップさせよう未分類 2

金運を上げる定番の金色は総合的によし

金運的に最もパワーがあるといわれているのが、金色です。金色はエネルギーを吸収するだけでなく、お金を貯めこむ力もあります。

とはいえ、なかなか金色の財布というのは売っていませんし、またあまりにも目立ちすぎるので、人前で出すのがはばかれる、使いにくいと言った面もあります。

そんなことよりも、何よりもまず最高に強力の金運を手に入れたいというのであれば、迷わず金色の財布を選びましょう。

お金の貯まる財布の選び方で金運をアップさせよう未分類 3

黄色は入るお金も増えれば出るお金も増える

金色の財布の次に金運のパワーが強いといわれているのが黄色の財布です。

しかしながら、黄色の財布は入ってくるお金が多くなるかもしれないものの、出ていくお金も多くなる色です。

出費を嫌うのであれば、黄色にプラス、土を表す落ち着きの茶色がすこし入ったような、黄色っぽい茶色を選ぶのがいいでしょう。

お金の貯まる財布の選び方で金運をアップさせよう未分類 4

銀色はお金よりも財運をアップさせる

銀色は金運よりも財力をアップさせるパワーがあります。お金が入ってくるというより、お金が入ってくる基礎を作ってくれるのが財力です。

不安定な生活を送っている水商売の方や、まだ事業を立ち上げたばかりの社長など、まずお金が入ってくる基礎を固めたいという人には、最適な色です。

お金の貯まる財布の選び方で金運をアップさせよう未分類 5

ピンク色は金運と人運を同時に呼び込む色

女性に人気のあるピンク色ですが、かわいい色というだけでなく、ピンクは人にかかわる運を上げるパワーも持っています。財力をもたらすと言われている銀色の女性版と言えるでしょう。

お金の貯まる財布の選び方で金運をアップさせよう未分類 6

黒は成功者がお金を守るための色

財布の色として最も好まれている黒色ですが、これは、金運的には、成功者が今の状態を守りたいときに最適な色です。

よって、お金持ちの社長などは黒い色の財布を好んで使用しています。

面白味のない色かもしれませんが、実用的に最も落ち着いていて、無難な色でもあります。

黒で物足りないのであれば、エナメルの黒など、ピカピカしていたりつやつやしている黒色を選ぶのもいいでしょう。

お金の貯まる財布の選び方で金運をアップさせよう未分類 7

浄化の白色は金運をリセット

巫女さんや神主さんなどがまとう白は、浄化の意味を持っています。ネガティブな過去をすべて洗い流してくれるのが白。

お金にまつわることで、大変な目にあって、それをきれいさっぱり忘れ去りたいという人には最適の色です。

お金の貯まる財布の選び方で金運をアップさせよう未分類 8

お金がたまる茶色は浪費家に最適

茶色は風水的には土を示す色。雨が降って地が固まるという言葉の通り、土の色となる茶色は、お金を貯めこむ意味があります。

浪費癖を治したいという人には、最適な色です。また、黄色と同系色なので、黄色に近い茶色を選べば、金運効果の高い黄色の効果も得ることができます。

お金の貯まる財布の選び方で金運をアップさせよう未分類 9

青は浪費癖を治す節約効果があり

青色は風水的には水を表す色。金運的には、流れ出ていくイメージがあるので、あまり好かれません。

しかし青色には、気持ちを落ち着かせる力があるので、無駄遣いを防ぐ効果を得ることができます。

お金の貯まる財布の選び方で金運をアップさせよう未分類 10

緑色はお金を呼び戻す再生の力

風水で緑は草木のように、パワーを集めて再生する象徴です。今までお金を持っていたけども、事情でお金を失ってしまった人が、もう一度過去のパワーを取り戻したいというときに、最適な色です。

黄色と同系色なので、黄色に近い緑を選べば、同時に金運を呼び込むことができます。

お金の貯まる財布の選び方で金運をアップさせよう未分類 11

紫は成功をもたらす出世の色

紫は出世欲の強い、上昇志向の人に最適な色です。金運はさておき、とにかく上に行きたい、という野心的な人は出世をもたらす紫の財布を選びましょう。

お金の貯まる財布の選び方で金運をアップさせよう未分類 12

赤は燃やしてしまう色

赤色は男性にも女性にも人気がありますが、金運的にはあまり好まれない色です。というのも風水的に赤色は火の気が強すぎるため、金運だけでなく、持って生まれたお金の気も燃やし尽くしてしまうからです。

金運を気にするけども、赤色の財布も使いたいという人は、ピンクに近い赤、茶色に近い赤、黒に近い赤、など、すこし赤色とずらした色を選ぶのも一つの方法です。

お金の貯まる財布の選び方で金運をアップさせよう未分類 13

好きな色の財布を使いたいけど金運も気になる場合

誰でも自分が好きな色というのがあると思います。しかし、その色は、金運的に合わない色だった場合、金運を捨てなければならないのでしょうか?それとも好きじゃない色でも、無理やり使わなければならないのでしょうか。

たとえ金運にいいとされていても、好きじゃない色の財布を使い続けるのは、金運にはいいかもしれないけど、全体としての運気を下げてしまいそうです。

そうした時は、財布の外側の色は、自分の好きな色にして、内張の色で、金運に最適なものを選ぶという方法があります。

外側は黒色だけど、内張は黄色っぽい白で、金運的にお金を呼び込みやすい財布はよく見られます。こうしたお金の貯まる財布の選び方を参考にして、あなたにあった最高の財布を手に入れて、金運をガンガンアップさせてください。

お金の貯まる財布の選び方で金運をアップさせよう未分類 14

ふせんさん

学生時代からふせんが大好きで、なにか役に立ちそうなこと、気になることをみつけたらふせんをペタペタはっていたふせんマニアです。教科書や辞書や参考書はふせんだらけでした。思わずふせんを貼りたくなるような役立つ情報をみつけたら、みなさんが、おもわずふせんを貼りたくなるように紹介します。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close