お財布を買い替える時期は?金運を呼び込む風水のタイミングで貧乏神を追い払おう

お財布を買い替える時期は?金運を呼び込む風水のタイミングで貧乏神を追い払おう未分類 3 金運

お財布の寿命は1000日、その前には買い替えよう

お気に入りの財布だから、ブランド物の高い財布だから、ということで、いつまでも古い財布を使い続けていませんか?

どんなにいい財布でも、使い続けるほど、金運のパワーは落ちていきます。そして寿命がくると逆に今度はあなたのお財布に貧乏神が宿りだし、金運は弱まり、お金はどんどん逃げて行ってしまいます。

まだ穴があいてないから、まだまだ傷もなく使えそうだからということで、寿命が来た財布をいつまでも使い続けていると、どんどんとお金を失うことになります。

たとえお財布の傷みを目視できないとしても、財布の運気は確実に弱っていきます。

例えば自動車に乗る人であれば、定期的にタイヤやブレーキパッドを交換するでしょう。タイヤは破けるまで使う、なんていう人はいないと思います。もし破けるまでタイヤを使っていれば、走行中にタイヤが破けて大事故につながります。

ちょっとばっかりのタイヤの出費をケチったばっかりに、自動車が壊れて、あなたが怪我したら、かえって大きな損失を被ることになります。

財布もこれと同じで、金運が下がってお金が逃げていくことになる前に、買い替えて強力な金運を呼び込みましょう。

財布の寿命は1000日と言われてます。年数でいえば約三年。

寿命が来てしまう前に、早く次の財布に買い替えましょう。

お財布を買い替える時期は?金運を呼び込む風水のタイミングで貧乏神を追い払おう未分類

こんなにぼろい財布を使っていれば、お金がどんどん逃げて行ってしまうであろうことは、誰でも理解できるでしょう。

お財布を買い替える時期は春が人気

新しい年度の始まりともなる春は、お財布を買い替える時期としてもとても人気があります。というのも、春の時期に買う春財布は「財布が張る(春)」=「財布が膨らむ」と言われているからです。

春というと4月だと思う人も多いですが、暦の上では立春からを春と呼びます。立春はその年によって細かい日にちは変わりますが、だいたい二月のはじめとなります。

よって二月のはじめから4月、五月くらいまでを春と考えて、財布を買い替えてもいいでしょう。

春以外でどうしてもお財布を買い替えたいというのであれば、とりあえず財布を購入し、春が来るまで保管したり、吉日になるまでとっておくというのもアリです。

お財布を買い替える時期は?金運を呼び込む風水のタイミングで貧乏神を追い払おう未分類 2

空港の免税店なんかで陳列してある財布を見ると、ついつい衝動買いしたくなってしまいますよね

新品のお財布の保管方法

買ったお財布をすぐに使わずに保管しておく場合は、保管場所と保管の方法によっては、より金運を高めることができます。

保管場所は、神棚などでもいいですし、保管をするのであれば人目のつかないクローゼットなどが風水的にもよしとされています。

しばらく使わずに保管するのであれば、ぜひ100万円の札束を入れておきましょう。本物のお金を入れておくのが理想ですが、なかなか百万円をすぐ用意できるという人も少ないかもしれませんので、一番上だけは本物の一万円を乗せた、百万円の札束のイミテーションを入れておくのがいいでしょう。


財布に百万円が入っているという状態でおいておくことで、どんどんと金運を育てることができます。その財布を使おうとする人間の心理としても、使おうとしている財布に100万円が入っている状態を具体的にイメージすることによって、実際に100万円が財布の中に入るという状態を再現するように潜在能力が働くようになります。

お財布を使い始めるお勧め日は天赦日、一粒万倍日、寅の日

購入したお財布を使い始めるにあたって、せっかくの大切な日なので、必ず吉日を選びましょう。

吉日といえば大安が有名ですね。大安はカレンダーなどでも確認しやすく、お財布を使い始めるには最適な日でしょう。

しかし、もっとお財布に特別な意味を込めて、より強い願掛けをしたいのであれば、次のような日があります。

最上の吉日である貴重な天赦日

天赦日は「てんしゃにち」又は「てんしゃび」と読み、日本の暦の上では、これ以上ないといわれるほどの吉日とされています。

由来は百神が天に昇って天が万物を赦す日だといわれていて、その日は年に5回か6回しかないという、非常に貴重なひでもあります。

吉日としては最高なので、金運にもよい結果をもらたしますが、特に金運に特化した日というわけでもありません。

お金が増えるイメージがしやすい一粒万倍日

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)と呼ばれる日は、その漢字からもわかるように、たった一粒の籾(もみ)が万倍にも実り、素晴らしい稲穂になることを表しています。

お財布に入れておいた一円が、何万倍にも増える、そんな想像が膨らむ、非常にお財布に関係の深い吉日です。

しかも、一粒万倍日は六曜(先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口)とは別に設けられている日で、月に4回から7回ほどあるので、新しくお財布を使い始める日としてもとても人気があります。

金運の象徴として人気の寅の日

一粒万倍日と共にお財布の使い始めの日として人気があるのが、寅の日です。

寅の金色の縞模様は、金運の象徴とされています。寅は一瞬で千里を走ることから、お金が出て行っても必ず戻ってくると言われています。

金運招来日ともいわれる寅の日です。十二支の寅(とら)にあたる日で、12日ごとに巡ってくる吉日です。

吉日の確認はスマホのアプリや開運カレンダーで

せっかく財布を使い始めるのにいい日がわかっても、それが具体的に何日なのか、意外と普通のカレンダーには書かれていなかったりします。
でも、もしスマホなどをお使いであれば、スマホのアプリ検索で、「開運カレンダー」「金運カレンダー」と調べれば、すぐに出てきます。

吉日を選んで、最高の日を財布の使い始めの日としましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました