ゲーム買取

ブックオフ買取相場より10倍高くてアマゾンより楽に本を売る方法【学生限定】

とにかく楽で手っ取り早いのはブックオフ

参考書を高く売りたいブックオフが便利なのは、とにかく手っ取り早い。
近くにブックオフがあるならば、持っていけば全部引き取ってくれるし、ブックオフに行くのも面倒というのであれば、出張買取に電話すれば、家まで本を取りに来てくれるし、あるいは宅配買い取りで、商品を送れば、勝手に買い取ってくれる。

でも、おそらく、ほとんどの方が経験していると思う。「ええ!こんな安いの・・・買取価格が!!!」

あまりにも安い買取価格に、愕然。。。でも、まぁ、中古の本だし、こんなものなのかな?っていうか、これ、持って帰ったところで、邪魔になるだけだし、持って帰るのめんどくさいし。いいや、売っちゃおう。。。。

結局、交通費にも満たないような金額で、段ボール箱いっぱいあった本を売ることに。。。。。

いまや、ごみを捨てるにもお金がかかる時代ですから、、、少額でも、お金になっただけましかな?なんて思っていませんか?

ブックオフは安すぎるのか?

項目 古本市場 ネットオフ ブックオフオンライン
買取点数 CD/DVD/ゲーム 10点以上
本 30冊以上
本/CD/DVD/ゲーム
合計30冊以上
ポストにポン買取! (1点ごとに高価買取)
本/CD/DVD/ゲーム
合計30冊以上
発送 着払い
佐川急便へ自宅集荷を依頼
コンビニ持込
着払い
自宅集荷
着払い
自宅集荷
買取状況 メール連絡のみ Webサイトで確認可
買取履歴アリ
Webサイトで確認可
買取履歴アリ
査定方法 商材ごとの買取価格
(本・CD・ゲームなど)
高価買取アリ
商材ごとの買取価格
(本・コミック・CDなど)
高価買取アリ
商材ごとの買取価格
(本・CD・ゲームなど)
査定増額 ポイントは買取金額の10%増 ポイントは買取金額10%増
申込時にネットマイル 300P
なし
査定承認 10日経過で自動承認 5日経過で自動承認 3日経過で自動承認
入金方法 銀行振込
古本市場ポイント
銀行振込
ネットオフポイント
銀行振込
手数料 振込手数料無料 振込手数料無料 振込手数料無料
返送 実費 実費 実費
経過
集荷:
申込日の1日後
受取連絡:
なし
査定連絡:
申込日の8日後
合計期間:
8日
集荷:
申込日の当日
受取連絡:
申込日の3日後
査定連絡:
申込日の5日後
合計期間:
5日
集荷:
申込日の2日後
受取連絡:
申込4日後にWeb確認
査定連絡:
申込日の6日後
合計期間:
6日
 詳細  http://www.furu1.net/  http://www.netoff.co.jp/  本を売るならブックオフオンライン
感想 買取状況がメール連絡だけなので、
本を送っても、届いたのか確認できず
ちょっと不安を感じます。
ポイントサービスや、高額買取を
用意しているので、お得感はあります。
気をつけなければならないのは、
買取不可商品があると、
返送されるところです。
手っ取り早いし、ネットで経過が
確認できるので、安心感はある。
買取価格も、本によっては
ほかとあまり変わらないかも。。

※ブックオフでは買取を依頼する前に、買取価格を自分で計算することもできます。
かならずしも、正確な値段だとは限りませんが、とりあえず目安にはなるかと思います。。。

 

アマゾンやヤフオクは高く売れる可能性があるけどめんどくさい

ヤフオクのメリットとデメリット

もしあなたが、少しでも高く売りたいのであれば、ヤフーオークションかアマゾンで売ることをお勧めします。
ご存じのように、ヤフオクはオークション形式なので、欲しい人がたくさんいれば、値段がせりあがっていきます。
人気がある本であれば、思いもよらず高い値段がつくことがあるのが、メリットです。

しかし、それも、人気がある本であれば・・・の話です。

もし人気のない本であれば、安い値段で出品してしまえば、安い値段で買い取られてしまうし、
それでも買い手が見つからなければ、ずっと出品し続けなければなりません。
もちろん、その間の出品手数料もチャージされます。
そのチャージも、回数ではなく、期間に対してのチャージなので、
売れ残り続くと、思わぬ手数料がかさんでしまいます。
また、たいていは、なかなか買い手が見つからないのがほとんどです。
これが、デメリット。

 アマゾンのメリットとデメリット

では、アマゾンはどうでしょう?

アマゾンのメリットは、出品手数料は回数でのチャージなので、
商品を出しっぱなしにしておいても、コストがかさまないところだと思います。

また、出品自体も、ヤフオクに比べて、商品説明や画像の説明などは
アマゾンのものが使えるから、楽だし、商品代金の回収に関しても、
アマゾンが代行してくれるので、取っぱぐれがありません。

ただ、アマゾンの場合、金額がせりあがったりせず、
最初に設定した値段でしか売れないのと、
売れたときに手数料がやや高いのがネックです。

取引相手への商品発送も、自分でやらなければならないので、
けっこう気を使いますね。

あと、アマゾン、ヤフオク両方に言えることですが、
売れない場合は、ずっと自分で保管していなければならないことです。

まぁ、そこらへんが、デメリットでしょうか。

参考書であれば簡単に高く売れる!

ブックオフもアマゾンもヤフオクも、どれも一長一短。
売りたい本が、どういう売り方に適しているかを考えて
売りましょう。

ただ、もし、あなたが参考書を売りたいのであれば、話は別です!

参考書であれば、どこよりも高い値段で買い取ってくれるところがあります。
参考書の専門店だからこそ、どこよりも高額査定ができます。

まさに、ブックオフとヤフオク・アマゾンのいいとこどりといった感じです。

例えば鉄緑会テキスト一式、約40冊で7万円の高額査定が出ました。
もし、参考書の処分に困っているのであれば、学参ブックスをのぞいてみるのをお勧めします。

ふせんさん

学生時代からふせんが大好きで、なにか役に立ちそうなこと、気になることをみつけたらふせんをペタペタはっていたふせんマニアです。教科書や辞書や参考書はふせんだらけでした。思わずふせんを貼りたくなるような役立つ情報をみつけたら、みなさんが、おもわずふせんを貼りたくなるように紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close