生活の知恵

雪道や凍った歩道で転ぶ歩き方

転ぶことは幸せであり良いことであってもいい

afac1ba2-s 残念ながら、経済優先、効率化の現在において、転ぶことが、不当に貶められていると言わざるをえないのが現状です。

転ぶこと=悪

であるかのような有り様。そして、どこでも一様に、転ばないようにすることを啓蒙し、教えを説いています。

たしかに、転ぶことを避けたい人が大多数かもしれませんが、実は雪道、凍った歩道で豪快に転んでみたいという人がいるのも事実です。

考えても見てもらいたい。例えば、世の中にはサドヒスト、マゾヒストがいると言われている。言うまでもなく、マゾヒストとは、自分が痛めつけられることに、無常の喜び、至福を感じる人種のことです。 そういう人達にとって、

転ぶこと=痛い=幸せ=良いこと 

なのです。これはあくまでも極端な例ですが、世の中には転ぶことを望む人、欲する人がいると信じて、転び方をお伝えていきたい、

転びやすい場所とは

ooyukitentoukuma1雪道で一番滑りやすい場所とはどこでしょう?それは凍ったところです。でも、ちょっと待って下さい。雪だって凍っているんじゃないんですか?

確かに雪も氷の一種といえなくもないですが、雪と氷は別物だと考えてください。雪の上は滑りにくく、氷の上は滑りやすいのです。では、雪と氷の違いは何でしょう?

雪=気体が固まったもの

氷=液体が固まったもの

となります。で、雪が氷になる時には、まず、一旦雪が一瞬でも溶けて、水になった後に凍ることで、雪が氷になるのです。

そして、この知識が雪道で転ぶ上で、非常に重要なのです。

雪がふかふかしているところは、滑りにくいのですが、雪が踏み固められたようなところは、雪が氷になってしまっているので、非常に滑りやすいのです。

日常における滑りやすい雪道の場所

  • ・歩道や横断歩道(特に人がたくさん歩いたあとの歩道)
  • ・車道のわだちや駐車場の出入口付近
  • ・駅やお店の出口やバスなどの停車場など、室内と外の堺

雪道でころんで見たい方は、積極的にこうした場所にいってみることをおすすめします。しかし、転びやすいので注意してください。

雪道で転びやすい歩き方

0a80f2d4雪道で転ぶには、歩き方も重要です。雪道で歩いている時に転ぶ原因は、急な体重移動、重心の変化にあります。これを意識するだけでも、だいぶ転びやすくなります。では、具体的に見て行きましょう。

歩幅を小さくしてあるかない

歩幅を小さくすると、重心の移動がそれに応じて小さくなってしまうために、非常に転びにくくなります。雪道で転ぶためには、思い切って大股で歩いてみましょう。

ゆっくりあるかない

ゆっくり歩くことも、転びやすさを妨げる大きな要因です。また、ゆっくり歩いていると、仮にうまく転べたとしても、転び方が地味になってしまいます。もし転びたいのであれば、早歩きして、急いで歩きましょう。

足のうら全体を使わず、つま先やかかとのみであるく

歩くときに、足の裏全体を使わないようにすると、重心が非常に悪くなり、バランスが極度に悪くなります。これにより、容易に転びやすくなります。しかし、よっぽど意識をしないと、雪道や凍った歩道で、わざわざつま先歩きのようなことはしません。

にもかかわらず、転びたくない人が、わざわざそうした転びやすい歩き方をするケースとして、靴の中に水が入ってこないように、つまさきだちのような歩き方になるばあいが、よく挙げられます。転ぶための参考にしてみてはいかがでしょうか。

雪道で転ぶときに怪我だけは気をつけたい

あなたは、雪道で転びたいかもしれませんが、怪我をすると、その場だけではすまなくなります。

怪我をせずに上手に転ぶには、

  • ・ポケットに手を入れてあるかない、手に荷物をなるべく持たない
  • ・洋服やバッグがぬれることを恐れない
  • ・階段や段差などは、特に気をつけて転ぶ

などをしっかり守って、楽しく豪快に転びましょう。

ふせんさん

学生時代からふせんが大好きで、なにか役に立ちそうなこと、気になることをみつけたらふせんをペタペタはっていたふせんマニアです。教科書や辞書や参考書はふせんだらけでした。思わずふせんを貼りたくなるような役立つ情報をみつけたら、みなさんが、おもわずふせんを貼りたくなるように紹介します。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close